【カメラを止めるな!】ONE CUT OF THE DEAD海外も称賛!反応をまとめ!

今日本で話題沸騰中の映画【カメラを止めるな!】は異例の大ヒットを記録し、まさに映画史を塗り替える映画史上最高傑作となろうとしています!!

無名の監督、無名の俳優による超低予算の映画ながら、SNSで話題を集め全国各地で大好評放映中の映画【カメラを止めるな!】が海外からも称賛されているんです!!

神谷和明役の長屋和彰についてはこちら!

松本逢花役の秋山ゆずきについてはこちら!

これは世界的大ヒットの予感?!

今回は【カメラを止めるな!】【ONE CUT OF THE DEAD】の海外からの評価をご紹介します!!

Sponsored Link

カメラを止めるな!とは?

【カメラを止めるな!】とは一体どんな映画なのか?ということですが、公式ホームページでは以下の通りに説明されています。

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

引用:カメラを止めるな!公式ページ

ふむ。

英語名は【ONE CUT OF THE DEAD】となっている通り、初めの37分間はワンシーン・ワンカットで撮影されているようです。

この【カメラを止めるな!】は映画専門学校ENBUゼミナールシネマプロジェクト(CINEMA PROJECT)の第7弾として制作された映画のようで、いわゆる大ヒット満員御礼を狙った商業映画として作られたものではありませんでした。

ENBUゼミナールとは、映画監督コースと演劇・俳優コースの2コースそれぞれ1年間で映画監督・俳優を目指す養成学校です。

ENBUゼミナール・CINEMA PROJECTでは、2名の監督によるオーディションで選抜された俳優がワークショップに参加し、その後各監督とのワークショップを重ね、脚本を完成させ、オリジナルの劇場公開映画を製作します。

2名の監督によって制作された映画は、映画館での劇場公開と映画祭への出品もされるんですよ!

上田慎一郎監督と、監督自ら選抜した俳優たちによって生み出されたのが、今話題沸騰中の【カメラを止めるな!】なんですね。

この、上田慎一郎監督ですが、今回の【カメラを止めるな!】が初の劇場公開長編映画なんだそうですよ!

イタリアの映画祭では5分間にも及ぶスタンディングオベーション。現在放映中の映画館では満員御礼、チケットも購入困難になるほどに大人気となっているんです!!

SNSでたちまち話題に!

そんな無名の俳優・監督によって制作された今回の映画ですが、その製作費も破格(?)のようで、なんと300万円で作られたようです。

これは通常の映画製作費の20分の1ほどの超超超低予算なんだそうです!

書けていないのは製作費だけではありません!映画の宣伝などの広告費をほとんど使っていないんです!!!

にもかかわらず、映画は瞬く間に口コミで広がり、異例の大ヒットを記録しています!!!

有名人の方々も大絶賛で、このSNS投稿がまた話題を呼びカメ止め】ブームを引き起こしているようです。

Sponsored Link

海外からも大絶賛!!

日本でカメ止めフィーバーが日に日に加熱していますが、日本だけではないんです!

今、海外の映画ファンからも注目を集めているのが、このカメラを止めるな!

英語タイトルは【ONE CUT OF THE DEAD】で直訳すると「ゾンビのワンカット」。

“こんな映画はみたことない!この荘厳で壮大な経験は僕の映画愛を思い出させてくれるね!”

“カメラを止めるな!はカウンターパンチを食らったような気分だ!!”

“まもなくLAにも!!”

“巧妙な面白い工夫がされている珍しいゾンビ映画だ!”

など、海外からも大絶賛!これは世界的大ヒットの予感ですね!!

無名の監督と無名の役者がこれほどまでに世界から注目されるなんて、それこそ映画史上初なのでは?!

上田慎一郎監督はもちろんのこと、出演されている濱津隆之さん、真魚さん、しゅはまはるみさんなどキャストの皆さんのハリウッド進出なんかもあるんじゃないでしょうか?

夢のある話ですよね!ぜひ現実になって欲しい!!

まとめ

カメラを止めるな!】私はまだ観れていないのですが、是非観てみたい!

製作費をかけなくても、広告費を使わなくても、本当に良い映画は世に広まる。

SNSが当たり前に使われる現代において、宣伝の仕方ってこういうことなんじゃないでしょうか?人から人へ、SNSの投稿が話題を呼んで、拡散していく。

それは、有名俳優が主演だから、とか、すごい製作費をかけて作られたから、ではなく、思わず誰かに勧めたくなっちゃうほど面白いからこそ、拡散する。

そういう時代になったんだと思えるような出来事ですよね。

これは映画界を変える傑作になるのではないでしょうか?

すごいのは、海外にも口コミが広がっていること。【ONE CUT OF THE DEAD】というキャッチーな英語タイトルをしっかりとつけていたことが凄いなあと思いました。

カメラを止めるな!】というキャッチーな日本語が日本人に響き、【ONE CUT OF THE DEAD】という世界中誰にでも伝わるようなタイトルが日本人以外にも響いたんですよね。

この映画、内容もかなり深く作られているようですが、その宣伝アプローチも凄い!

ますます観たくなりました!!

思わず誰かにお勧めしたくなる、【カメラを止めるな!】

是非みなさんそれぞれご自身の目で観てみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

山田涼介と彼女(宮田聡子)の身長差は?年の差は?恋愛に身長や年齢は関係ない!

24時間テレビのみやぞんがかわいそう…チャリティーマラソンに抗議の声も

広瀬すず主演の朝ドラ100作目の放送はいつから?キャストやあらすじは?

【恋愛ドラマな恋がしたい】第8話ネタバレ!あらすじ速報!ペア決めは自分たちで?!

安室奈美恵Hulu独占エンドロール企画に名前を出せる!?方法をご紹介!

【恋愛ドラマな恋がしたい】第7話あらすじ!ネタバレ!主演ペアは誰?!