金足農業注目ピッチャーの名前は?VS大垣日大試合結果速報!

熱い熱い闘いが繰り広げられている、甲子園!第9日目の金足農業VS大垣日大の試合は金足農業が熱戦を制して3回戦出場を決めました!

23年ぶりとなる3回戦進出に地元秋田の皆さんは大興奮ではないでしょうか?

ロースコアの試合展開が予想されていましたが、結果は6ー3。大垣日大高校も最後まで粘りを見せた素晴らしい試合でした。

Sponsored Link

序盤は両者点の取り合い

1回表、金足農業が1点を先取しますが、その裏すかさず大垣日大が1点を取り返します。

2回表の金足農業の攻撃では、5番大友選手がデッドボールで出塁すると、6番高橋選手が送りバントに成功し、1アウト2塁。

続く7番菊地彪吾選手がスリーベースヒットで1点を追加し、さらに8番菊地亮太選手がスクイズで1点を追加し3ー1と金足農業がリードを広げました。

しかし大垣日大も負けてはいません。3回裏の攻撃で、5番小野寺選手がフォアボールで出塁すると、続く6番中山選手がツーベースヒットで2アウト2、3類とチャンスを作ります。

7番杉本選手がレフト前にヒットを放ち、大垣日大が2点を追加、3ー3とゲームを振り出しに戻しました。

過去の試合は大垣日大が2ー1で金足農業を下していたました。

中盤は1点の追加も許さない緊迫した試合展開

3ー3の同点となってからはゲームは均衡し、緊迫した試合が繰り広げられました。

4回、5回、6回と両者一点も譲らず迎えた7回表、金足農業にチャンスが訪れます。次の1点が試合を決めるかもしれない状況で、2アウト満塁の3番吉田選手はショートゴロで無失点。

Sponsored Link

ゲームが動いたのは8回

3ー3のまま迎えた8回、試合の流れを変えたのは5番大友選手のソロホームランでした。

フルカウントの状況で粘りに粘り、甘く入ったボールをレフトスタンドに叩き込み、4ー3と均衡を破りました。

この勢いをさらに加速させたのが、ドラフト候補として注目を集めているピッチャー吉田輝星(こうせい)選手。8回裏を見事、三者凡退に抑えました。

続く9回表、金足農業の攻撃では、8番菊地亮太選手が出塁すると、続く9番斎藤選手が送りバントに成功し、1アウト2塁。

1番菅原天空選手がスリーベースヒットで1点を追加し、1アウト3塁。

その後、3番吉田輝星選手がセンター前にヒットを放ち、6ー3とリードをひろげました。

最終9回裏、大垣日大の攻撃では、吉田輝星選手が今日の試合で最速の149kmを出すなど渾身の投球を見せ、きっちりと3人で抑え、激戦を制して23年ぶりとなる3回戦進出を決めました。

23年ぶりの快挙

今大会11年ぶりの甲子園出場、さらに23年ぶりの3回戦進出という快挙を遂げた金足農業ですが、次の試合はベスト8をかけての試合となります。

次の試合でも吉田選手の素晴らしいピッチングが見られることを楽しみにしたいですね!

注目していきたいと思います!

Sponsored Link

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

村上茉愛の身長や体重はいくつ?白井健三と結婚間近で破局は本当?

登美丘高校ダンス部アカネコーチの指導法とは?怖い?厳しい?愛のムチ?

登美丘高校ダンス部2連覇今年の曲は何?バブリーの次はハレルヤで優勝!

北園丈琉(体操)の出身はどこ?国籍は日本で両親は中国人という噂は本当?

登美丘高校ダンス部の素顔は普通の女子高生!芸能人も輩出してるの?

竹田純がオネエを公表!尻トレバレエダンサーの彼氏は?好みは竹野内豊