阿部一二三(柔道)の学歴は?高校や中学はどこ?大学は日本体育大学!

柔道世界選手権や東京オリンピックでの活躍が期待されている阿部一二三選手ですが、2018年柔道世界選手権で妹・阿部詩選手と共に金メダルを獲得するという快挙を成し遂げました!

兄妹揃って同日で金メダルを獲得したのは史上初ということで、本当に素晴らしいですね!!

2020年東京オリンピックでの活躍にもより一層期待が高まります!!

今回は、阿部一二三選手についてご紹介します!

Sponsored Link

阿部一二三プロフィール


阿部一二三(あべ ひふみ)
生年月日:1997年8月9日
出身地:兵庫県神戸市
身長:167cm
血液型:O型
出身大学:日本体育大学

阿部一二三選手は、父、母、兄、妹の5人家族です。

阿部一二三選手が柔道を始めたのは、6歳の頃。2歳上の兄も一緒に柔道場に通っていたそうです。

練習に行きたくないと泣いていた阿部一二三選手を道場に連れて行くのは兄の役目でした。のちに、阿部一二三選手が嫌がらずに道場に通えるようになると、兄は柔道を辞めてしまったそうです。

阿部一二三選手には、3歳下の妹・詩(うた)さんがいます。

阿部詩選手も阿部一二三選手と同じく柔道選手として活躍されています。2020年の東京オリンピックでのメダルが期待される選手の一人です。

出身高校は?

阿部一二三選手は、小学生の頃、鍋倉那美選手に負けたことが悔しくて、消防士の父と猛特訓を重ねたそうです。

小学生ながら、神港学園神港高校へも稽古に通ったそうです。また、小学校5年の時には後に妹も世話になる松本純一郎から柔道指導を受けたこともあり、現在のパワーの基礎を作ったと言われています。

神戸生田中学へ入学してからはメキメキと力をつけ、中学2年生の時には全国中学校柔道大会55kg級で優勝を飾っています。

中学3年生では60kg級に出場し、オール一本勝ちで2階級制覇も達成されています。

アジアユースでも優勝しており、将来日本を代表するエースとして注目を浴びるようになりました。

阿部一二三選手が進学したのは、小学生の頃から稽古を受けていた神港学園神港高校でした。

高校に入ると、階級を66kg級にあげています。

阿部一二三選手が進学した、神港高校は決して柔道強豪校というわけではありませんでした。

そんな中でも阿部一二三選手を筆頭に実力をつけていき、高校1年次の全日本カデ柔道体重別選手権大会では優勝を果たしています。

全国高校選手権には66kg級が設置されておらず、1階級上の73kg級に出場すると、見事優勝を飾りました。

その後も、高校2年次の全日本カデで2連覇を果たしています。

Sponsored Link

大学は日本体育大学!

高校卒業後、阿部一二三選手が進学したのは、日本体育大学。

大学に入学すると、“世界”がより一層近くになりました。

日本を背負って立つ男になるべく、練習に打ち込み、数え切れないほどのオール一本勝ちを重ねていった阿部一二三選手。

2017年の世界選手権で優勝すると、「2020年東京オリンピックの顔」「10年に1人の逸材」と数々の称賛の声が上がりました。

2018年の世界選手権では、見事大会2連覇を果たし、2020年東京五輪での活躍にさらに期待が寄せられることとなりました。

妹・詩選手も金メダルを獲得し、兄妹揃って最強ぶりを見せつけてくれています。

2020年、我が国日本でメダルラッシュが期待される日本柔道選手団。

その先頭を歩くのは、阿部一二三選手に間違い無いでしょうね。

今後の活躍にも期待したいと思います!!

Sponsored Link

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

宮川紗江のほくろ除去は「簡単です」高須院長がツイッターで発言!

DANCE STADIUM 2018優勝はどこ?!登美丘高校2冠なるか?!

モロッコ代表監督・ルナールがイケメン!お姫様抱っこがかっこいい!

ナガマツペア(永原和可那・松本麻佑)の身長は何センチ?41年ぶりの金メダル!

登美丘高校ダンス部動画をフルで公開!今年はハレルヤの色男ダンスで優勝!

登美丘高校ダンス部去年は準優勝じゃないの?色男ダンスで2連覇?!