浅田舞・真央姉妹の両親は離婚している?母の病気は肝硬変だった?

日本のフィギュアスケート界を代表する姉妹といえば、浅田舞・真央姉妹ですよね。

妹の浅田真央さんはオリンピックにも出場し、世界選手権での優勝経験もあるトップスケーターとして活躍していました。

姉の浅田舞さんもスケート選手で、引退後はキャスターやタレントしても活躍しています。

そんな浅田姉妹の両親とはどんな人なのでしょうか?

母・浅田匡子さんの病気は一体なんだったのか?

今回は浅田姉妹についてご紹介します。

Sponsored Link

浅田姉妹プロフィール


浅田舞(あさだ まい)
生年月日:1988年7月17日
出身地:愛知県名古屋市
身長:163cm


浅田真央(あさだ まお)
生年月日:1990年9月25日
出身地:愛知県名古屋市
身長:163cm

浅田舞さんと浅田真央さんは2歳違いの姉妹です。

幼い頃から母の影響でフィギュアスケートを始めた2人は浅田姉妹として日本のフィギュア界を牽引してきました。

スケートの成績では妹の浅田真央さんの方が好成績ですが、姉の舞さんも2人で揃ってフギュアスケーターとして活躍するなんてすごいことですよね。

姉の浅田舞さんは、妹の活躍に焦りと嫉妬を感じていた時期もあるようです。

リンクを離れれば大好きな妹、でも、比較され、絶対に勝てないとどこか劣等感のようなものを持っていたかもしれません。

今は亡き、母・浅田匡子さんは、2人がフィギュアスケートに専念できるように、まさに身を削ってお金を稼いでいたそうです。

フィギュアスケートはとにかくお金のかかるスポーツで、2人の費用を払うとなると、金額はバカになりません。

それでも、娘の為にと身を粉にして働いていた母・匡子さんは、2011年、わずか48歳という若さでこの世を去りました。

一時は不仲なのでは?との噂も経ちましたが、現在は姉妹仲が良いようですね。

姉妹で手を取り合い、お互いに助け合っているようです。

Sponsored Link

浅田舞・真央の両親は?

フィギュアスケート姉妹・浅田舞さん真央さんのお2人を育て上げたご両親とは一体どんな方なのでしょうか?

公表されていないようですが、実はお父さんは地元名古屋でホストとして働いていた経験があるとも言われています。

母・匡子さんとも夜の街で出会い、浅田舞さんの出産はできちゃった結婚だったという話もあります。

お母さんの病名は何?

浅田姉妹の最愛の母・浅田匡子さんですが、2011年、肝硬変が原因で48歳という若さでこの世を去りました。

浅田真央さんは、母の急変をアメリカで知り、緊急帰国していますが、母の最期に立ち会うことはできなかったそうです。

姉の舞さんは母・匡子さんに、過去にスケートで妹の真央さんと比べられることもストレスだったようで、真相はわかりませんが、子どもたちの為に必死で働いていたそうです。

オリンピックや世界選手権ではエレガントな曲に合わせて演目を披露するという一見すると順風満帆なエリートに見えますが、浅田姉妹は相当苦労しているんですね。

これからはそれぞれ別の道での活躍となると思います。

今後も浅田姉妹に注目していきたいと思います。

 

こちらの記事もオススメです!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA