新元号の発表時期はいつから?カレンダーは平成のままなのかどうなるの?

「平成最後の〇〇」が何かと話題になっていますが、「発表時期は4月1日以降」ということは公表されていますよね。

4月11日頃なのでは?との見立てもあるようですが、2019年のカレンダーは平成のままなの?と疑問に思いますよね。

今回は、平成はいつまでなのか?新元号はいつからなのか?そして、カレンダー表記は一体どうなるのか?について調べてみました!

Sponsored Link

平成が終わる…平成はいつまで?

2018年は「平成最後の夏」、「平成最後の冬」、「平成最後の紅白」など「平成最後の〇〇」が何かと話題になりましたよね。

平成が終わるのは、2019年(平成31年)4月30日です!

2019年5月1日からは新元号に変わります!

確かに今までは、いつ元号が変わるのかはわかりませんでしたからね!

平成が終わる、とわかっていると何かにつけて「平成最後の〇〇」と言って物思いに耽るのも悪くないかな〜なんて思っちゃいます(笑)

余談ですが、昭和生まれで平成で結婚できなかった独身貴族のことを「平成ジャンプ」と呼んだりするそうですよ!面白い(笑)

明治、大正、昭和、そして平成と時代は移り変わってきたわけですが、新しい元号は何になるんでしょうね?気になりますが、発表は2019年4月1日以降とのことですので、泣いても笑っても(?)それまでは知ることはできません!

※追記※
新元号の発表は4月1日ということになりました!

新元号は5月1日から!発表は4月11日?

新元号がスタートするのは、2019年5月1日からということですが、世間では様々な予想がされていますね〜。

「平和」とかすごく良いですが、生年月日を書く欄の「T(大正)・S(昭和)・H(平成)」「H(平成)」と被ってしまいますし、流石にそれはないかな〜と予想しています。

個人的には、「希望元年」とか響きも良いし気持ち的にもポジティブになれて良いな〜と思います(笑)

気になる新元号の発表は2019年4月11日頃なのでは?という予想もあるようです。

一体どんな元号になるのか、注目が集まりますね!

Sponsored Link

2019年のカレンダーはどうなるの?

元号が変わる時のカレンダーってどうなるんでしょうね?

2019年のカレンダーはすでに販売されていますし、もう買っている人もいるかもしれませんよね。

2019年4月30日までは「平成」ですが、2019年5月1日からは新元号に変わるのでカレンダー表記は一体どうするんだろう?

昭和から平成に変わったタイミングでは、昭和天皇が昭和64年の1月7日に崩御されたため、すでにカレンダーは製造済みでした。

「昭和が続いていたら」ということで「昭和64年」の表記のままだったんだそうです。

なので、「平成元年」というカレンダーは存在しなかったんですよね。

翌年、「平成2年」が平成最初のカレンダーとなりました。

今回は、平成が終わることはわかっているので難しいところですが、昭和の時と同様、「平成31年」の表記を貫いていくことになりそうですね。

そうなると「平成最後の〇〇」と言われた出来事も、捉えようによっては来年が「平成最後」となるのかもしれませんね。

う〜ん、気になる!

何はともあれ、2019年4月1日以降の発表を待つしかありませんね!

Sponsored Link

 

こちらの記事もオススメです!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA