嵐「解散」じゃなくて「活動休止」なのはなぜ?メンバーコメントから理由を推測してみた。

1月27日、嵐のメンバーから衝撃的なニュースが発表されました。

2020年12月31日をもって嵐の活動休止が発表され、日本中、世界中に衝撃を与えています。

今回、「解散」ではなく「活動休止」ということですが、「解散」ではない理由はなんなのでしょうか?

Sponsored Link

嵐が活動休止を発表。メンバーコメント

大野智さん

2017年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、思いを話しました。

その内容は、2020年を持って自分の嵐としての活動は終えたいと。

その後、メンバー一人一人と何度も話しました。

5人で何度も何度も話し合った結果、2020年を持って嵐を休止させて頂く結論に至りました。

言葉では表すことができないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

2020年いっぱいまでの期間、今できる自分の使命をきっちりと果たしていきたいと思っています。

 

櫻井翔さん

2018年6月頃。

20年以上共に歩んできた大切な大切なメンバーそれぞれの想いを。

それぞれ少しずつ異なる沢山の想いを、なんとか一つの結論へと着地させることとなりました。

嵐が嵐のまま走り抜きたい。嵐を宝箱に閉じこめたい。

いまはそんな想いでおります。

数え切れないほど沢山の夢を見させてもらいました。

数え切れないほど沢山の景色を見られるところまで連れてきてもらいました。

ありがとう。

相葉雅紀さん

5人で嵐だという気持ちが強い為、1でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました。

嵐の事が大好きです。

嵐の為ならなんだって出来ます。

気持ちの整理をつけるには時間がかかりましたが、今は納得しています!

決して仲が悪くなった訳ではありません。

20年目に入り、一人一人との信頼関係や絆は更に強くなっています。

本当に4人に出会えた事に感謝です。

二宮和也さん

これからも5人で頑張っていきます。

関係各位の皆様方、まだまだお世話になります!

そして、ファンの皆。

僕らはいつまでも嵐です。

松本潤さん

このタイミングで発表させて頂いたのは、応援してくれているファンの皆さん、一緒に仕事をさせて頂いている関係者の皆さんに僕たちの決断を理解してもらうには時間がかかる事だと思い、この時期に発表させて頂きました。

また、キチンとお話しした上で、自分たちも前を向いて日々過ごしていきたいいう思いからです。

これからは20周年の今年も含めて、今まで応援して下さったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えていく、そんな時間になったらと思っています。

5人で団結して最後まで走るので、ついてきて頂けたら嬉しいです。

こちらは嵐の5人が発表したコメントの抜粋です。

短いコメントですが、それぞれの思いが伝わってきますよね。嵐の活動休止…正直まだ受け止められていない自分がいます。

2017年6月、大野くんは嵐を辞めて自由になりたい、という相談をメンバーにしたそうですね。

当初、自由になるためにはジャニーズ事務所も退所しなければならないと思っていた大野くんですが、メンバーや関係者から「活動休止」を勧められていたようです。一度は解散の話も出ていたみたいですね。

5人でなければ嵐と名乗れない、という櫻井くんの想いもあり、なんとか嵐を守る方法はないかとメンバー一人一人の意見を聞いていったんだそうです。

櫻井くんはショックを受けたのか、ホテルに宿泊し目覚めると、ベッドではなく床の上で目覚めたと言います。

日本国民も衝撃を受けましたが、誰よりもメンバーが衝撃を受けていたんですよね…。

Sponsored Link

嵐が「解散」じゃなくて「活動休止」にする理由は?

今回嵐が発表したのは、「活動休止」

「解散」ではないんですよね。

活動休止と言われると、いつかは復活するのかな?と淡い期待を抱いてしまいます。

嵐が「解散」ではなく「活動休止」を決めた理由はなんなのでしょうか?

メンバーコメントから推測される理由について私なりに考えてみました。

(※ここからはあくまで私個人の勝手な見解です※)

まず、大野くんのコメントから推測できるのは、「嵐の今後について考えるきっかけを作ったのは大野くん」ということではないでしょうか。2017年、大野くんが嵐を終わりたい、と、嵐の今後について口火をきっています。

そこへ、相葉くんのコメント「5人で嵐だという気持ち」「1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しい」とい言葉があります。

ここから推測すると、当初、大野くんが脱退したいという旨を打ち明けたのでは?と思います。でも、嵐は5人揃ってこその嵐なんだ、という相葉くんの気持ちがあった。

櫻井くんの「嵐が嵐のまま走り抜きたい。嵐を宝箱に閉じこめたい。」という言葉は、「解散」として終わりにしたくない、というメンバーの思いもあったのではないでしょうか?

活動再開の予定はなかったとしても、「嵐」という存在を終わりにしたくはない、という思いがあったんじゃないかな〜と思いました。

それに、嵐のファンに嵐の解散で希望を失って欲しくないという思いもあったのかな〜と。活動休止だから、いつかは復活する、という希望を持たせてくれたんだと思います。嵐はいつまでも嵐で、メンバーはみんな仲良しで、おじさんになっても嵐。

「いつか」というメンバーとファンの想いの形が「活動休止」という形になったのではないかと思います。嵐の優しさですね。

何れにしても、メンバーが1年かけて悩みに悩んで出した結論です。

それを受け止める時間を嵐が作ってくれている。

正直まだ受け止められない気持ちもありますが、嵐の決断を応援したいと思います。

Sponsored Link

こちらの記事もオススメです!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA