NiziUのセンターは誰?マユカ?リマ?ミイヒ?マコ?メンバーのポジションは?

9人組グローバルガールズグループ・NiziU(ニジュー)のセンターって誰?という疑問をお持ちの方、NiziUのメンバーポジションについて解説していきます。

NiziUのセンターはマユカなのか?リマなのか?ミイヒなのか?マコなのか?メンバーのポジションについての疑問を解決していきます!

NiziUのセンターは誰?


出典:Instagram

2020年12月2日にデビューし、2020年紅白歌合戦にデビュー29日で史上最速出場したグローバルガールズグループ・NiziU(ニジュー)。

<NiziUのメンバー>※文字色はメンバーカラー

  • マコ:2001年4月4日生まれ
  • リオ:2002年2月4日生まれ
  • マヤ:2002年4月8日生まれ
  • リク:2002年10月26日生まれ
  • アヤカ:2003年6月20日生まれ
  • マユカ:2003年11月13日生まれ
  • リマ:2004年3月26日生まれ
  • ミイヒ:2004年8月12日生まれ
  • ニナ:2005年2月27日生まれ

日本と韓国を拠点に活動している9人グループですが、NiziUのセンターは誰なの?という疑問をお持ちの方も多いはず。

NiziUのセンターについてお話ししていきます。

NiziUに「センター」はいない!

まず、申し上げますと、NiziUにいわゆる「センター」というポジションはないです!存在しません!

グループのリーダーは最年長のマコちゃんですが、“センター”というわけではないのです。

1万人の応募者の中から選抜された9人のグループ名「NiziU」の由来をプロデューサーのJ.Y.Parkさんは次のように語っています。


出典:Nizi Project

人は絶対に1人では成功できません。

皆さんはお互いが必要でファンの方々が必要です。

必ず覚えていてください。

引用元:『Nizi Project』

つまり、NiziUは誰か1人の圧倒的センターによって成り立っているグループではなく、9人それぞれが個性を光らせ、WithU(ファンの呼称)とNiziUが互いに求め合っているからこそ輝けるグループなんです。

ですから、NiziUに「センター」は存在しないし、必要もないんです。

NiziUマユカのポジションは?


出典:Instagram

NiziUのカメレオン・マユカちゃんはどんなポジションなのでしょうか?

マユカちゃんはNiziUのラップ担当

NiziUの曲がかわいいだけ、甘いだけの曲ではなくクールなスパイスを加えてくれているのがマユカ・リマのラップパートです。

また、マユカちゃんのキャッチフレーズでもある「カメレオン」というのは、クールにも可愛くもどんなコンセプトにも変化できる、毎回毎回別人のように雰囲気を変えてくることからNiziUのカメレオンと呼ばれるようになりました。

性格は「男前」とメンバーにいわれるほどクールな一面もあり、猫のようにツンデレな一面も魅力のひとつです。

ファン人気No.1の呼び声高いマユカ

大前提として、NiziUのメンバーは全員が魅力的で人気が高いですが、その中でもマユカちゃんは人気No.1との呼び声も高いんです。

指原莉乃さんも「全員大好き」というのを大前提とした上で「ほんのちょっと頭抜けてるのがマユカちゃん」とマユカ推しを宣言していました。

NiziUとしてデビューできなかったら自分の個人事務所に入れてデビューをさせてあげたい!と思っていたほどオーディション中からマユカちゃんに注目していたようです。

2021年11月6日横浜アリーナで開催されたバズリズムLIVE2021では、NiziUの初の室内での有観客パフォーマンスとなりました。

多くのNiziUのペンライトが会場を照らしていましたが、マユカちゃんのメンバーカラーである緑のペンライトが多く光っていたんですね。


出典:『Chopstick』MV

NiziUのファーストアルバム『U』に収録されている新曲『Chopstick』のティザー(予告)でもマユカちゃんのソロが観られたりなど高い人気を誇っているメンバーの一人です。

NiziUリマのポジションは?


出典:Instagram

NiziUのリマちゃんはマユカちゃんと同じくラップ担当です。

Nizi Projectのオーディション期間で初めてJ.Y.Parkさんにラップを披露したときには、ラップを高く評価されていたものの「外国のラッパーのようではなくリマさんらしさを出せるか」がポイントと言われていました。

今ではリマちゃんにしか出せない魅力的なラップをみせてくれています。

リマちゃんはお父さんがラッパーのジブラさん、お母さんはモデルの中林美和さんとご両親が有名人ですが、リマちゃんという人間の個性をのびのびと発揮していてとても素敵ですね。

可愛いだけじゃないNiziUを魅せるのはリマ!

リマちゃんのキャッチフレーズは「NiziUの魅力的なボイス」です。

そのキャッチフレーズ通り、リマちゃんはNiziUの魅力をさらに引き出す大事な役割を担っているんです。


出典:『Make you happy』MV

リマちゃんは複数の曲で歌い出しを担当しています。

プレデビュー曲の『Make you happy』の歌い出しはリマちゃんからスタートしますし、『Poppin’ Shakin’』の歌い出しもリマちゃん。


出典:『Chopstick』MV

『Take a picture』もそうですし、新曲『Chopstick』もリマちゃんからスタートします。

曲の歌い出しをリマちゃんがしっかりと担当し、安定したパフォーマンスを生み出してくれています。

そしてどの曲でも中盤でリマ&マユカのクールなラップパートが挟まれていくんです。

このバランス!ぜひ注目してみていただきたいポイントです。

NiziUミイヒのポジションは?


出典:Instagram

ミイヒちゃんはNiziUメンバーの中でも特に歌唱力の高いメンバーの1人です。

キャッチフレーズは「NiziUのスマイルメーカー」です。

その言葉通り、ミイヒちゃんをみてると微笑んでしまうというかにやけてしまうというか、癒しの存在ですね。

ミイヒちゃん、リマちゃん、マコちゃんの3人は元々JYP練習生で実力もピカイチでした。

特にミイヒちゃんはグループ内では末っ子組ですが高いダンス力、歌唱力、パフォーマンスでJ.Y.Parkさんからも絶大なる信頼を得ています。

2020年10月には体調を崩し一時活動休止していましたが、2020年12月31日の紅白歌合戦では復帰し初の9人全員揃ってパフォーマンスを叶えることができました。

2021年紅白歌合戦への出場も決定しましたね!おめでとう〜〜!

J.Y.Parkさんイチ押し??

ミイヒちゃんは「生まれながらのアイドル」とJ.Y.Parkさんに言われるほど、可愛らしく、歌もダンスも上手な才能あふれるメンバーです。

メンバーの中でもJ.Y.Parkさんイチ押し感があります。


出典:Nizi Project

ミイヒちゃんはNizi Projectのオーディション中、スランプに陥ってしまったことがありました。

その時にプロデューサーのJ.Y.Parkさんがミイヒさんにかけた言葉がこちら。

ミイヒさんが自身を持って楽しめば

ミイヒさんに勝てる人はいません

引用元:『Nizi Project』


出典:『Chopstick』MV

『Chopstick』(チョップスティック)やデビュー曲『Step and a step』などミイヒちゃんにスポットを当てたいというJ.Y.Parkさんの想いが垣間見える瞬間がこれまでも何度もありました。

それだけのスター性を見出されているのがミイヒちゃんなんです。

NiziUマコのポジションは?


出典:Instagram

NiziUのリーダーはマコちゃんです。

マコちゃんはいなくてはならない存在だし、絶対的リーダーです。

ただ、絶対的リーダーでありながら決して自分が前に出てグイグイひっぱるのではなく、みんなと一緒に手を繋いで駆け上がっていくような、新しい世代のリーダー像を作り出しています。

実は天然で抜けているところがあるのも魅力の一つですね!

生パフォーマンスでもマコちゃんの歌とダンスが完璧すぎて口パクかと疑うこともあります(笑)

J.Y.Parkさんからの信頼No.1

マコちゃんはオーディション時代から圧倒的なリーダーとしてJ.Y.Parkさんからも厚い信頼を置かれていました。


出典:Nizi Project

ずっと同じことばかり言っているので聞き飽きたかもしれませんがとても素敵です。

足りないところを探すのが難しいので評価することがありません!

ただ素敵だということが一番正確な評価だと思います。

引用元:『Nizi Project』

後半ではあまりのベタ褒めにJ.Y.Parkさん自身もアドバイスする言葉を失うほどの溺愛ぶりです(笑)

マコちゃんがいることでチームワークが強化され、ダンスも歌も絶対的な安定感があるため、グループとしてのバランスを崩しません。

マコちゃんがNizi Projectに参加していなかったらどうなっていたんだろう?と思うことがあるほどです。

NiziUのメンバーポジション解説!


出典:Instagram

リオちゃんはマコちゃんと同学年、キャッチフレーズは『NiziUの元気の源』です。

リオちゃんはもともとダンスをしており、ダンスレベルはグループNo.1です。

しっかり者で面倒見も良く、メンバー一人一人を気にかけチームバランスも取れる重要な存在ですね。


出典:Instagram

マヤちゃん「NiziUの白鳥」でみにくいアヒルだったのが綺麗な白鳥に成長した努力家です。

人の気持ちに寄り添い、メンバーの面倒をよくみているので「NiziUのお母さん」とも呼ばれています。

パフォーマンスでは表現力がずば抜けており、マヤちゃんの表情はぜひ注目していただきたいポイントです。


出典:Instagram

リクちゃんのキャッチフレーズは「NiziUのエネルギッシュなリス」です。

リクちゃんはNizi Projectの中で特に成長スピードが速く、J.Y.Parkさんを驚かせてきました。

京都出身ということもあり自称「NiziUのお笑い担当」ということでダイナミックな性格がとても魅力的です。


出典:Instagram

アヤカちゃん「NiziUのふわふわビューティー」です(笑)

超マイペース、超個性的、ふわふわビューティーなアヤカちゃんはビジュアルNo.1との呼び声も高いです。

グループとして活動していく中で辛いことや困難なことが起こるのは必至ですが、アヤカちゃんのようなタイプのメンバーがいることでNiziUが救われることは間違いありません。

本当に貴重な存在なのがアヤカちゃんです。


出典:Instagram

ニナちゃん「NiziUの明るい末っ子」です。

もともとアメリカで生まれ育ったニナちゃんですが、13歳の時に日本にやってきたばかり!

日本語を猛勉強して現在は母国語のようにペラペラです。

ニナちゃんはなんと言っても歌唱力がすごい!特に高音が安定しており、NiziUの難しい曲を完成させるには欠かせない存在です。

『Chopstick』(チョップスティック)のニナちゃんパート、相当難しいはずですが涼しい顔でこなしている姿はぜひチェックしてみてください。

まとめ

NiziUのメンバーポジションについて解説してきました。

NiziUのセンターは存在しない!という理由がお分かりいただけたでしょうか?

メンバーひとりひとりが個性的で、ひとつひとつの個性を掛け合わせることでNiziUの魅力が増していくという素敵な関係性にあるんです。

その意味では、誰もがセンターになりうるのがNiziU(ニジュー)なんです。

マコちゃん、リオちゃん、マヤちゃん、リクちゃん、アヤカちゃん、マユカちゃん、リマちゃん、ミイヒちゃん、ニナちゃん9人のNiziUとWithU(ファン)すべてそろって初めて意味があるというのがNiziUの人気の秘訣なんだと思います。

今後のNiziUの更なる活躍にも期待し、応援していきたいと思います。