NiziUの生歌が口パクと言われる理由が判明!FNS歌謡祭やスーパーソニックも共通していた!

デビュー1周年を迎えたNiziU(ニジュー)ですが、FNS歌謡祭やベストアーティスト、ミュージックステーション、紅白歌合戦など生歌を披露することも多くありますよね。

NiziUが生歌を披露すると「口パクだ!」という声が上がってしまいます。

もちろんNiziUの歌は口パクではなく生歌なのですが、なぜ「口パク」と言われてしまうのでしょうか?

NiziUが生歌なのに口パクと言われる理由が判明したんです!

FNS歌謡祭やベストアーティスト、スーパーソニック、Mステ、これまでのパフォーマンスに共通していることがあったのです。

NiziUの生歌が口パクと言われる理由が判明!


出典:NiziU Official LINE

9人組ガールズグループ・NiziU(ニジュー)

老若男女幅広い性別・世代に愛されているグループですよね。

縄跳びダンスやお箸のうた・『Chopstick』など一度聞いたら病みつきになる曲が多いのも特徴です。

大人気のNiziUですが、FNS歌謡祭やベストアーティスト、Mステなどの音楽番組に出演する必ずあがるのが「生歌じゃなくて口パクなのでは?」という声ですね。

NiziUに限らず、歌って踊るグループなら少なからず「口パク」と思う人もいるものです。

もちろんNiziUは口パクではなく完全なる生歌のパフォーマンスですが、なんと今回、NiziUの生歌が口パクだと言われてしまう理由が判明したんです!

理由①リーダー・マコの歌が上手すぎる!


出典:Instagram

NiziUが口パクと言われてしまう理由1つ目です。

NiziUのリーダー・マコちゃんが原因でした。

マコちゃんの歌唱力が安定しすぎているんです!!

マコちゃんは虹プロジェクトのオーディション期間からJ.Y.Parkさんからの評価もNo.1で歌唱力、ダンス、表現力、人柄すべてにおいて完璧なんですよね。

オーディション期間中、J.Y.Parkさんも「練習生としてみるべきか、プロとして見るべきかわからなくなります」というほどの絶対的実力の持ち主なんです。

今後マコちゃんに注目してみてください。

WithU(ファン)でもマコちゃんが口パクなんじゃないかって疑ってしまうほど全くぶれません(笑)

マコちゃんが上手すぎて、「NiziUは口パクだ!!」って言われても仕方ないかなって思います(笑)

理由②リマ・マユカのラップの一部に被せがある


出典:『Need U』MV

NiziUの曲の中にはラップパートが存在します。

NiziUのラップ担当は、マユカちゃんリマちゃんですが、2人ともラップがまた上手いんですよね〜!

まあ〜〜〜〜〜激しいラップが多いです!笑

NiziUのキレキレダンスに加えて、息つく間もない激しいラップをこなすんです。すごすぎます。

リマちゃん、マユカちゃんパートは息継ぎの関係上、被せが入る部分があるんですね。

たとえば、『Chopstick』のマユカちゃんパートですが、めちゃくちゃ激しいラップパートです。

2ひく1は1でもZero

Supermanより君だけがMy hero

夢の答え 心の糧

君とTopへ それがJob

赤字の「夢の答え」の部分は息継ぎの問題上、音源が流されています。

ただでさえ、あれだけ踊りながら声もブレずにラップパートまでこなすわけですから、普通に考えたら「口パク」と思うのも無理ないかも知れません。

理由③メンバーの体力がありすぎる!!


出典:NiziU Official

NiziUが口パクじゃないことはCD音源と比較していただければすぐにわかりますが、飛んで跳ねて踊ってるのにゼエゼエハアハア言わないことが「口パクだ!」と言われる一番の要因でしょう。

人間は走ったり激しく動くと息切れするものですからね、人間の域を超えてしまっていますからね。

Nizi ProjectからNiziUを観ている方はわかると思いますが、練習量、半端ないです。

走りながらう歌う練習をしたり、ブレないように筋トレしたり、倍速ダンスをしたりととにかく練習量、体力がすごいです。

FNS歌謡祭やスーパーソニックは口パク?

グローバルガールズグループ・NiziU(ニジュー)がデビューしてから1年が経ちました。

デビューしたにもかかわらず、2020年はコロナ禍ということもありファンの前でパフォーマンスをする機会がありませんでした。

そんなNiziUが初めてファンの前でパフォーマンスを披露したのは、2020年9月19日千葉ZOZOマリンスタジアムで開催されたSUPERSONIC(スーパーソニック)です。

スーパーソニックでも「口パク?」という声も上がりましたが、NiziUのパフォーマンスはもちろん生歌でした。

屋外ライブでしたので、マイクに風の音が「ブォー」とガッツリ入っていましたし、『Make you happy』のマユカちゃんパートでは、「いくよー!」と掛け声まで入れてくれてました。

口パクではでき得ないことですよね。

FNS歌謡祭でも、もちろん生歌でした。

つまり、NiziUはいつでも生歌真剣勝負だということです!

まとめ

NiziUの生歌が口パクだと言われてしまう理由についてご紹介しました。

  • マコちゃんの歌が音源かと思うくらい上手すぎる
  • リマ・マユカのラップが常人の域を超えている
  • NiziUの体力がヤバすぎる

NiziUは生歌とは信じ難いほどのクオリティーでパフォーマンスをしているということですね。

つまり、「NiziUは口パクだ!」と言われれば言われるほど、NiziUの実力が証明されているということになるんです。

今後もますます活躍が期待されるNiziUの進化にも注目していきましょう。