ウィルスミスはなぜビンタしたのか?クリスロックは何て言ったのか日本語訳で解説

第94回アカデミー賞でウィルスミスが司会のクリスロックにビンタしたことで世界中の注目を集めています。

クリスロックのジョークのあとにステージまで上がり平手打ちをしたウィルスミスですが、そもそもなぜビンタしたのでしょうか?

クリスロックは何て言ったことでウィルスミスを激怒させることになったのか、日本語訳で解説します。

ウィルスミスはなぜビンタしたのか?


出典:Twitter

第94回アカデミー賞でウィルスミスが司会のクリスロックを平手打ちで殴りました。

世界中が注目するアカデミー賞授賞式でのビンタに成果騒然としました。

ウィルスミスはなぜクリスロックをビンタしたのでしょうか?

  • 司会のクリスロックがウィルスミスの妻ジェイダに侮辱発言
  • 会場は笑いが湧いたがジェイダの表情は固まる
  • ウィルスミスも受け流そうとしたがジェイダを見て立ち上がる
  • ステージに上がりクリスロックを思い切り平手打ち
  • 席に戻ると「俺の妻の名前を口にするんじゃねえ」と激怒
  • クリスロックは焦りながらも「今夜はテレビ史上最高の夜だ」とジョークをかました

クリスロックは何て言ったのか解説

ウィルスミスを激怒させた原因はなんだったのでしょうか?

アカデミー賞という世界中の注目を集めるなかでFワードを叫ぶほどまでに激怒したのは、クリスロックの発言が原因でした。

クリスロックは、ウィルスミスの妻・ジェイダに、

「ジェイダ、愛してるぜ!『G.I.ジェーン2』が楽しみだぜ」

と言っています。

『G.Iジェーン』とはアメリカの映画で、主人公の女性は丸刈りの兵士で、クリスロックがウィルスミスの妻ジェイダを揶揄するような表現でした。

これを聞いたジェイダの表情が一気に曇ります。

会場は笑いが起きており、ウィルスミス自身も笑って流そうとしていました。

しかし、ウィルスミスは立ち上がり、ステージに上がります。

クリスロックの元にまっすぐに向かい、右の頬を思い切り平手打ちしました。

ウィルスミスは何て言った?

「Wow」と焦るクリスロックに対して、ウィルスミスは、

俺の妻の名前を口にするんじゃねえ!

と叫んでいます。(Fワード含む)

クリスロック「今のはG.Iジェーンジョークだろ?」

ウィルスミス「俺の妻の名前を口にするんじゃねえ!」

クリスロック「わかったよ、そうするよ」

 

クリスロック「今夜はテレビ史上最高の夜だぜ」

このFワード部分はアメリカでは音声が切られています。

ウィルスミスのビンタに対する海外の反応は?クリスロックを擁護する声も

このウィルスミスの行動に対しては非難する声も多く上がっています。

ウィルスミスの妻ジェイダは病気だった

ウィルスミスの妻・ジェイダは自己免疫疾患による脱毛症に悩まされていました。

病気の状況を揶揄されたことで傷ついたジェイダを見て怒りを抑えきれなかったと言います。

ウィルスミスのインスタグラムに投稿された謝罪文にも記されています。

【日本語訳】ウィルスミスがビンタを謝罪

ウィルスミスはアカデミー賞主演男優賞を受賞しスピーチでは涙を流しています。

アカデミー賞は「いかなる暴力も許さない」としており、ウィルスミスはクリスロックへの謝罪も発表しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Will Smith(@willsmith)がシェアした投稿

【日本語訳】

あらゆる暴力は有毒で破壊的です。

昨夜のアカデミー賞での私の行動は容認できず、許しがたいものでした。

私の冗談を言うのは仕事の一部ですが、ジェイダの病状についてのジョークは耐えがたく、私は感情的に行動しました。

クリス、あなたに公に謝罪したいと思います。

私はラインを超えていて、間違っていました。

私は恥ずべきものであり、私の行動は私がなりたい人物のとる行動ではありませんでした。

愛と優しさの世界には暴力の存在する余地はありません。

また、アカデミー、ショーのプロデューサー、すべての参加者、そして世界中で見ているすべての人に謝罪したいと思います。

ウィリアムズ一家と私のキングリチャード一家に謝罪したいと思います。

私の行動が、全員にとってのゴージャスな旅を汚してしまったことを深く後悔しています。

クリスロックは被害届は出さないとしているようですが、ウィルスミスへの処分など、どのようになっていくのでしょうか。

まとめ

ウィルスミスがアカデミー賞で司会のクリスロックを平手で殴るという事態が発生しました。

ウィルスミスがビンタした理由は、妻・ジェイダへの侮辱発言への怒りでした。

クリスロックは脱毛症に悩むジェイダの髪型を揶揄しています。

アメリカではウィルスミスを批判する声も多く上がっているようですが、今後どのようになっていくのか注目したいと思います。